クラブ
CLUB
クラブ情報

理念

THE HEART OF TOKYO
~東京のど真ん中で、都民のココロのスポーツクラブに~

東京のど真ん中(THE HEART OFTOKYO)を代表するクラブとして、
スポーツのステータス向上を自らの社会的使命とし、
プロフェッショナル集団であったとしても
「良き社会人たれ、良きサッカー人たれ」をモットーに掲げ、
一歩一歩前進します。

コアバリュー

1
スポーツを通じたコミュニティプラットフォーム
⃝ 人間関係が希薄になりがちな都市生活において、スポーツを通して、人と人の繋がり/交流の場を提供する。
⃝ 都民へのスポーツ機会の提供、健康増進活動を通して、生涯スポーツ文化を創造し、東京都が掲げる「スポーツ都市東京」の実現に貢献する。
⃝ ひいては、スポーツという枠組み超えた繋がりが生まれ(スポーツ×ビジネス、スポーツ×テクノロジー等)、新たな価値が創造される場でありたい。
2
人材輩出を使命とする生涯育成クラブ
⃝ クラブに関わる全ての人がスポーツからの学び(文武融合の実践、スポーツマンシップの体現等)を追求することで、人が育ち、育てられる場であり続ける。
⃝ クラブを離れても社会から必要とされ、日本の「突破力」となりうるタフな人材を育成・輩出する。
⃝ トップチームは近い将来にJリーグ参入、いずれは日本一を目指すが、かかるプロセスにおける学びを大事にする集団でありたい。
3
健康長寿社会への貢献
⃝ 生涯にわたりスポーツが身近にあることで、心身の健康を促し、関わる人々の健康寿命の延伸に資するクラブであり続ける。
⃝ より具体的には、スポーツを通じたコミュニティが形成され、世代を超えた関りと、スポーツを「する、みる、支える」というかたちでの接点ができることで、クラブに関わる人々が生涯にわたり自身の居場所を見出せる場となる。
⃝ 人々の心と体の健康を確保することで、「健康長寿社会の実現」に貢献するクラブであり続けたい。

クラブ概要

クラブ名東京武蔵野ユナイテッドフットボールクラブ(東京武蔵野ユナイテッドFC)
英名:TOKYO MUSASHINO UNITED Football Club
運営団体

株式会社東京武蔵野ユナイテッドスポーツクラブ
代表取締役会長:山崎 正晴(一般社団法人横河武蔵野スポーツクラブ 代表理事)
代表取締役CEO:福田 雅(一般社団法人CLUB LB&BRB 共同代表理事)

事業内容・プロ及びアマチュアサッカーチームの運営及び各種スポーツ活動の運営管理
・地域のスポーツ指導者派遣
・スポーツを通じた社会課題、地域課題の解決
ホームタウン東京23区、武蔵野市

エンブレム

東京武蔵野シティFCのホームタウンである武蔵野を象徴する『 紫草 』(左)、東京ユナイテッドFCのルーツである、東京大学運動会ア式蹴球部の『 銀杏 』、慶應義塾体育会ソッカー部の『 荒鷲 』(下)、そして、クラブの理念である文武融合を表す 『 ペンとボール 』(右)を配して、クラブのルーツを表現しています。

フットボールスタイル

知性 ∞ 野性
美しいだけでは物足りない、
荒々しいだけではつまらない。
クラブの理念でもある「文武融合」をピッチ上で具現化すべく、
インテリジェンスと闘争心を兼ね備えた
フットボールを
プレミアリーグより激しく高校サッカーのように
愚直にオンザピッチのみならずオフザピッチでもハードワークする集団を目指します。

ユニフォーム

フィールドプレイヤー

1st
2nd

ゴールキーパー

1st
2nd